ティモティア保水バリアクリームを使ってみた 液晶セラミド配合!乾燥対策はこれだけでいけそう - セラミド入り化粧品のレビュー
乾燥しやすい肌質の方向けの情報を掲載。使用したセラミド化粧品のレビューも載せています。

ティモティア保水バリアクリームを使ってみた 液晶セラミド配合!乾燥対策はこれだけでいけそう

少し前から、ティモティア保水バリアクリームという、セラミド配合のクリームを使っています。



肌に存在するセラミドと同じ構造を持つ「液晶セラミド」が配合されており、高い保湿力とバリア力が発揮できるというクリームです。

先に結論を述べてしまうと、セラミド配合のクリームって、商品によってここまで違うんだ、と思うくらいの使いごこちなんです。

保湿されている感じはあるのに、なぜか肌がサラサラになるんですよね。

乾燥しているはずなのに、しっかりと保湿しすぎるとかゆくなる私の肌でも、全然かゆみがでなくてビックリ。

セラミドを使ってみたけど大したことがなかった…なんて方に、使ってみて欲しいクリームだと思います。

500円(送料・税込み)のサンプルが提供されており、肌にあうかどうか試せるところが良いですね。








ティモティア保水バリアクリームの使用感は?

ティモティア保水バリアクリームの使用感は、簡単に表現すると「しっとりさらさら」という感じでしょうか。

大げさだと思われそうですが、セラミドでこんなに感動したのは初めてです。





ティモティア保水バリアクリームのサンプル品は、5gのミニサイズ。

本商品は65gで大体2~3カ月持つそうですが、私が使っている感じでは、顔だけならもっと持つのではと思います。






どちらかというと、こっくりしているというよりは柔らかいジェル状のクリームで、とても伸びが良いです。

ワセリン(純度の高いサンホワイト)が配合されているそうですが、全然そんな感じがしません。



私は乾燥・敏感肌なのでワセリンのお世話になることが多いのですが、ワセリンは油そのものって感じなので、使い過ぎるとかゆみの原因になることがあるんですよね。

しかしティモティア保水バリアクリームは、そういう感じのクリームとは全然違います。

時間がたつと、肌がサラサラになるんです。
スキンケア後に、すぐにメイクを始めてもOKなくらい。



これまで、乾燥肌向けの化粧品は本当に様々なものを試してきましたが、高い確率で期待を裏切られてきました。

まあ、私の肌が敏感だから悪いのですが、赤みやかゆみが出たりとか、最初はしっとりしていると感じてもすぐに乾燥してしまうとか。

しかし、このティモティア保水バリアクリームはこれまでに使ったものとは違うと、一番最初に使用した時点で思ったんです。

本商品の方はちょっとお値段が高めなのですが、サンプルを3日くらい使って即効リピートしてしまったという…

お値段高めでも、化粧水や美容液を使わなくても十分だという点を考慮すると(私の場合)、コスパは高いですよね。



ちなみに500円のサンプルには、同じシリーズの洗顔石鹸と化粧水もついてきます。



いずれも乾燥肌、敏感肌が考慮されているため、乾燥敏感肌の私でも安心して使えるんです。

私の場合、特に洗顔石けんが良い感じ。
石けん特有の刺激が全くなくて、使いやすいです。






他のセラミド化粧品と何が違うのか

セラミドを配合したクリームは、結構多く出回っています。
ですが最初にも述べたように、メーカーによって全然使い心地や保湿力が異なるんですよね。

ティモティア保水バリアクリームは、セラミドならではの期待を裏切らないクリームだと思いますが、他のセラミド化粧品とは一体何が違うのか?

以下に簡単にまとめてみました。

特に、過去に他のセラミド化粧品を使っていまいちだった方、目を通してみてください。なるほど、と思うはずです。




乾燥肌に使いたい「ヒト型セラミド」を配合




他の記事でも何度も述べている通り、セラミドといっても様々な種類があり、正直言って乾燥肌には意味がないんじゃないの?と思うようなセラミドも存在します。

乾燥肌の改善にセラミドを使うのなら、ヒト型セラミドを使うべきなんです。ヒト型セラミドなら、人の肌に存在するセラミドと同じ働きが期待できます。

それ以外のセラミドは、単なる保湿剤くらいに考えた方が良さそう。

特に安いセラミド化粧品は、例外なくヒト型セラミド以外のセラミドが使われており、乾燥肌には無意味であることも多いです。



しかしティモティア保水バリアクリームには、ヒト型セラミド…具体的にはセラミド2(セラミドNG)とセラミド3(セラミドNP)が配合されています。

これらはヒト型セラミドの中でも、特に保湿力の高いセラミドです。




肌のセラミドと同じ「液晶構造セラミド」を採用




セラミドは、単に化粧品に配合しただけでは、セラミド本来の効果を発揮できません。

セラミドで肌の水分を保つためには、肌の角質層に存在するセラミドと同じ、「液晶構造(ラメラ構造)」の状態で肌に与えなくてはいけないのだそう。

肌の水分が保たれるのは、セラミドが液晶構造で水分をがっちりと挟み込んでいるからであり、単純にセラミドを与えただけでは、水分とセラミドが分離してしまって、結局水分が逃げやすくなるのだとか。



そのような問題を解消するために、ティモティア保水バリアクリームには、特殊技術によってつくられた液晶構造セラミドが使われています。

水分とセラミドがミルクレープのような状態になったクリームだといったら、わかりやすいでしょうか?

肌にのせても油分と水分が分離しないので、時間がたっても乾燥もしないし、ベタベタもしないんです。

保湿力が高いところも嬉しいのですが、なにより使い心地がサラサラしているところが、かゆくならなくて助かります。




肌に負担となりにくい低刺激処方




成分は良いのに、肌に刺激が…なんて、敏感肌にはよくあることです。

私自身も、ちょっと肌に刺激になりやすい成分が化粧品に使われていたりすると、高い確率で肌に赤みが出てしまいます。

結構ややこしい肌質なんですよね。



その点、ティモティア保水バリアクリームは敏感肌向けを意識しており、アレルギーや刺激の原因となる成分は極力省かれています。

合成ポリマーや石油系界面活性剤は不使用、防腐剤についても、無添加化粧品などでの利用が多いフェノキシエタノールでさえ使われていません。

細菌が繁殖しにくい「結合水」が使われているため、防腐剤を使わない処方でもOKなのだそうです。

肌が敏感でも使いやすいクリームなんですね。
実際、私が使えているのですから、同じように敏感な方にも使いやすいはずです。




500円だし、とりあえず試してみては…



新しい化粧品を購入するのって、合わなかった時のことを考えると躊躇しますよね。

特に敏感肌だと、そうでない人に比べて化粧品が合わない確率が高く、いきなり本商品は買いにくいです。

ティモティア保水バリアクリームも、本商品はちょっとお値段が高めというか、いきなり買う気にはなれませんが、サンプルは500円(税込み、送料込み)で試すことができるんです。

ワンコインなら、試しやすいはず…
というか、乾燥肌さんは是非とも試してみるべきです。

ミニサイズでも1週間以上使えてますから、肌に合うかどうかを確かめるには十分じゃないかと思います。







乾燥肌・敏感肌の化粧品レビュー




乾燥肌のための保湿成分 セラミドの知識



乾燥・敏感肌の方が知っておきたいこと



ページのトップへ戻る